FC2ブログ

四国の路面電車をめぐる旅二日目その2

akebonotyou.jpg
2012/03/04 土佐電鉄620号@鴨部~鏡川橋

雨はさらに激しく・・・


sijyoumae1.jpg
2012/03/04 土佐電鉄@市場前信号所
伊野線に乗って曙町まできました。
ここは曙町電停から50mぐらい先にある市場前信号所です。右にホームのようなものがありますが、客扱いはしていません。かつては旅客営業をしていたらしいですが、その名残なのですかね。

sijyoumae2.jpg
2012/03/04 土佐電鉄@市場前信号所
ただでさえ狭い道なのに路面電車が交換します。
昭和30年代の光景がそのまま残っているような場所ですね。

tosaden610.jpg
2012/03/04 土佐電鉄610号@市場前信号所
停車中の車両を適当に撮影します。本当は伊野線らしい写真を撮りたいところですが、傘さしながらだと停車中に形式写真が限度です・・・。
600形は土佐電鉄の主力形式です。200形と同様に様々な差異があって興味深い車両です。正面2枚窓におでこ一灯のスタイルはなかなか好ましいですね。

tosaden207.jpg
2012/03/04 土佐電鉄207号@市場前信号所
非冷房の200形も今の時期は元気に動いています。
土佐電鉄は路線が単純なので数字による系統区分はないのですが、遠くまで行く列車には行先を書いたサボをつけます。

tosaden620.jpg
2012/03/04 土佐電鉄620号@市場前信号所
広告もなくスッキリしていますが、前面に貼ってある土佐電鉄のシールが微妙ですね。
せっかくの金太郎塗が台無しになっているような気がするんですが。なぜそこに貼った。

tosaden803.jpg
2012/03/04 土佐電鉄803号@市場前信号所
元山陽電気軌道800形です。まさかコイツが模型化されるとは思いませんでしたね・・・。

tosaden628.jpg
2012/03/04 土佐電鉄628号@伊野
伊野線の終点、伊野電停まできました。
電停に停車中の628号を撮影。東京都電7000形に似ていますが、こちらの方が車体の幅が広い分落ち着いた雰囲気に見ますね。

ino2.jpg
2012/03/04 土佐電鉄@伊野
伊野電停の脇っちょに怪しげな側線が伸びています。本線とのポイントは撤去されてしまったようですね。

ino3.jpg
2012/03/04 土佐電鉄@伊野
線路は奥に続いています。

ino4.jpg
2012/03/04 土佐電鉄@伊野
さらに奥に行くと開けた場所にでました。ここはかつて伊野車庫と呼ばれる留置線があった場所で、側線が何本かあったらしいです。
トワイライトゾーン的な空間で結構有名な場所だとは思いますが一応紹介してみました。
なぜかここだけ架線が残っていますね。

ino5.jpg
2012/03/04 土佐電鉄@伊野
次の電停が見えていますね。
どこにでもありそうな道路なのに路面電車が走っているのは不思議です。

3日目に続きます。
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/255-95cdcc86

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター