FC2ブログ

【函館市電100周年】 30日分その3 (臨100系統)

jyujigai7.jpg
2013/06/30 函館市電@十字街

ついに函館市電最後の撮影です。




昼飯を食べた後、再び臨100系統の撮影です。まずは西部地区への送り込みを撮りにいきます。

hakodate720.jpg
2013/06/30 函館市電720号@松風町~函館駅前
松風町の交差点で撮影を再開しました。
ここは電車が通る時、車の交通を止めるので撮りやすい撮影地です。

hakodate3003.jpg
2013/06/30 函館市電3003号@松風町~函館駅前
3000形です。まぁアルナらしい普通の車両ですね。

hakodate723-12.jpg
2013/06/30 函館市電723号@松風町~函館駅前
まずは723号。

hakodate530-21.jpg
2013/06/30 函館市電530号@松風町~函館駅前
続いて530号です。午前中のように続行せず、バラバラに来ました。

hakodate530-22.jpg
2013/06/30 函館市電530号@十字街~宝来町
十字街に移動して530号を撮影。順光だと良い色が出ますね。

hakodate723-13.jpg
2013/06/30 函館市電723号@大町~函館どつく前
終点の箱根どつく前に来ました。特に面白味の無い撮影地ですが、終端部で低速なので撮りやすいです。
この辺まで来ると車も少なくて良いですね。

hakodate530-23.jpg
2013/06/30 函館市電530号@大町~函館どつく前
530号も素晴らしい光線で撮れました。
臨100系統としてはこれで終了で、折り返しの駒場車庫前行きに乗ります。

hakodate530-24.jpg
2013/06/30 函館市電530号
人が少なかったので、車内を撮影してみました。
運転台の部分が絞られているのがわかります。

hakodate530-25.jpg
2013/06/30 函館市電530号
530号の車内…で特徴的な所と言えば、運転台右横の埋められたドアです。
ドア自体はそのまま残っていて、固定され開閉出来なくなっているだけのようです。他都市の電車にも、ワンマン化の際にドアが埋められるのはよくありますが、これだけ埋めたドアが露骨に残っているのは珍しいと思います。

hakodate530-26.jpg
2013/06/30 函館市電530号
車内では特別に車掌さんが乗務していて、楽しいトークで車内を盛り上げてくれました(笑)。
名残惜しいですが、帰りのフェリーに乗るため函館駅前で降ります。

hakodate39-14.jpg
2013/06/30 函館市電39号@松風町~函館駅前
530号を降りた後、最後に駅前でハイカラ号を撮影。これで函館市電の撮影は全て終了しました。

2日間朝から晩までずっと撮影していましたが、短い区間で折り返してくれたのと、各イベントが撮影しやすいように配慮してくれたお陰で、効率良くかなりの枚数が撮れました。これほどまでに満足のいく撮影は初めてです。
函館市電のファンサービスは素晴らしいですね。またイベントがあったら撮影に行きたいと思います。

ちなみに、函館から上野までフェリーと夜行バスが一緒になった、パンダ号というので帰ったのですが、繁盛期でなければ片道6500円とかなりリーズナブルなのでオススメです。しかもフェリーが大きくて揺れも少ないので快適です(笑)。

【函館市電100周年】 29日分その1 (花電車出発式)
【函館市電100周年】 29日分その2 (電車大行進)
【函館市電100周年】 29日分その3 (臨100系統)
【函館市電100周年】 29日分その4 (臨100系統)
【函館市電100周年】 29日分その5 (トワイライト撮影会)
【函館市電100周年】 30日分その1 (モーニング電車大行進)
【函館市電100周年】 30日分その2 (臨100系統)
【函館市電100周年】 30日分その3 (臨100系統)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/371-19bfbabb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター