FC2ブログ

北イタリア・スイス遠征四日目その1 ヴァッセン

SBB_Re44Ⅱ_11121
2015/03/10 スイス国鉄 Re4/4 Ⅱ 11121@Erstfeld~Göschenen

夢のゴッタルド峠!!




遠征も4日目になりました。今日はヴァッセンを目指します。

ヴァッセンとは、アルプス山脈を越えてすぐのスイス国鉄ゴッタルド線の撮影ポイントがある村のことで、スイス以外の各国からもファンが訪れる有名な場所です。ループ線やトンネル、橋梁など峠越えの路線ならではの光景をみれます。

スイス国鉄ゴッタルド線は、スイスとイタリアを結ぶ大動脈であり、ユーロシティといった特急列車から重連の貨物まで様々な列車を見れます。途中アルプス山脈を通過するゴッタルド峠には、長大なトンネルやループ線が点在しています。現在ゴッタルド線の輸送力増強のためにゴッタルドベーストンネルの工事が進められており、このトンネルが開通すると多くの列車がこちらを経由することが予想されます。有名撮影ポイントは旧線に点在しているので、多くの列車を撮影出来るのは今のうちです。

朝早く起きて始発のトラムに乗り、ミラノ・ポルタ・ガリバルディ駅からS11に乗り、キアッソ駅まで乗車します。

Chiasso2.jpg
2015/03/10 トレニタリア@Chiasso
スイスとイタリアの国境であるキアッソ駅に到着しました。
乗ってきたS11です。Sと付くので電車を想像していましたが、E.464牽引の客車列車でした。

Chiasso1.jpg
2015/03/10 @Chiasso
既に国境を超えてスイスに入っているのですが、入国審査などは一切なく、ただの乗換駅といった感じでした。
ここからはスイス国鉄のインターレギオ(IR)にのって、ゲシュネンまで行きます。

IR-1.jpg
2015/03/10 スイス国鉄
インターレギオの車内はこんな感じです。ベリンツォナまでは通学時間と被っていたので混んでいましたが、そこを過ぎるとご覧の通りガラガラでした。

IR-2.jpg
2015/03/10 スイス国鉄
車窓からアルプスが見えてきました。天気もよさそうなので気分が高まります。

Göschenen3
2015/03/10 スイス国鉄@Göschenen
ゴッタルドトンネルを抜け、ゲシュネン駅に到着しました。

Göschenen1
2015/03/10 スイス国鉄@Göschenen
抜けてきたゴッタルドトンネルです。9時過ぎですが、山影で日が当たっていません。

Göschenen2
2015/03/10 スイス国鉄@Göschenen
謎の荷物車(?)が停まっていました。この車体の大きさで二軸車というのが目を引きます。
動いているのでしょうか?

ここから先は路線バスで撮影地まで移動します。
駅前のGöschenen, Bahnhof停留所から401番のバスに乗って、10分ほどのWassen, Post停留所で降ります。
ヴァッセンの撮影ポイントは、この停留所から歩ける範囲で点在しています。最初は午前順光のS字ポイントへ行きました。

RABDe_500-1.jpg
2015/03/10 スイス国鉄 RABDe500@Erstfeld~Göschenen
雪がちょっと微妙な残り方ですが、順光で素晴らしいです!
この電車はスイス国鉄のRABD500という形式で、チューリッヒとミラノを結ぶユーロシティ(EC)で活躍しています。
2編成併結の14両編成でした。

BLS_Re485_012-Re485_007
2015/03/10 BLS Re485 012+Re485 007@Erstfeld~Göschenen
BLSのRe485の重連貨物列車がやってきました。BLSとは、ゴッタルドルートの西側のアルプス越えルート、レッチュベルクルートを擁する私鉄会社です。ゴッタルドルートにも貨物列車がやってきます。
機関車はヨーロッパで良く見かける、ボンバルディア・トランスポーテーションのTRAXXシリーズです。海上コンテナを連ねたコンテナ貨車ですね。

SBB_Re44Ⅱ_11121
2015/03/10 スイス国鉄 Re4/4 Ⅱ 11121@Erstfeld~Göschenen
インターレギオ(IR)が来ました。牽引機はスイス国鉄の代表的な機関車である、Re 4/4 Ⅱです。1963年から1985年にかけて300両以上生産されました。初期の製造グループはすでに車齢50年をこえていますが、事故による損失を除いてまだ廃車はされていないそうです。
4/4とは4つの車輪のうち4つが動力を持っているという意味です。そのような形態の機関車の2代目の車両であるから、Re4/4 Ⅱと表記します。

DB_185_130-185_137.jpg
2015/03/10 ドイツ国鉄 185 130+185 137@Erstfeld~Göschenen
ドイツ国鉄のClass 185が牽引する貨物列車です。はるばるドイツから国境を越えてゴッタルド峠までやってきました。
貨物列車が機関車を変えずに国境を越えるなんてびっくりですね。
牽引機はBLSのRe485と同じくボンバルディア・トランスポーテーションのTRAXXシリーズです。
トラックの荷台部分をタイヤごと載せた編成が連なっていました。ピギーバック輸送に似た形態ですね。

DB_185_085
2015/03/10 ドイツ国鉄 185 085@Erstfeld~Göschenen
最後尾にもClass 185の機関車がついていました。重連にプッシュプルでもうなんでもありです。

SBB_Re44Ⅱ_ 11287-Re66_11613
2015/03/10 スイス国鉄 Re4/4 11287+Re6/6 11613@Erstfeld~Göschenen
Re4/4 ⅡとRe6/6の重連の貨物列車がやってきました。
この組み合わせはゴッタルド峠で良く見られる運用形態なので、現地のファンはRe10/10などと呼んでいます。
貨物ガマらしく薄汚れていますね。

ETR_470-1.jpg
2015/03/10 ETR 470@Erstfeld~Göschenen
ETR 470です。ユーロシティはETR 470とRABDe500で運用されているようです。

DB_185_111-DB_185_122
2015/03/10 ドイツ国鉄 185 111+185 122@Erstfeld~Göschenen
再びドイツ国鉄のClass 185がきました。今度はタンク車を連ねた編成です。

SBB_Re484_008-Re484_002.jpg
2015/03/10 スイス国鉄 Re 484 008+Re484 002@Erstfeld~Göschenen
スイス国鉄の貨物部門である、SBB カーゴのRe484がきました。
例によってこれもボンバルディア・トランスポーテーションのTRAXXシリーズです。
海上コンテナの他にISOコンテナも見えますね。

午後はS字カーブの定番ポイントへ行きます。
続きます。

北イタリア・スイス遠征一日目
北イタリア・スイス遠征二日目その1 トリノ市電
北イタリア・スイス遠征二日目その2 トリノ市電
北イタリア・スイス遠征三日目その1 ミラノのトラム
北イタリア・スイス遠征三日目その2 ミラノのトラム
北イタリア・スイス遠征四日目その1 ヴァッセン
北イタリア・スイス遠征四日目その2 ヴァッセン
北イタリア・スイス遠征五日目その1 リンビアーテ線
北イタリア・スイス遠征五日目その2 ミラノのトラム
北イタリア・スイス遠征六日目 最終日
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/503-b2e17b3e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター