FC2ブログ

中欧の3都市のトラムを巡る旅一日目 ウィーン

E1_4748+C4_1302.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4748+C4 1302@Innstraße~Rebhanngasse

現役のデュワグカー!!




人生2回目となる海外遠征に行ってきました。
今回の目的はウィーンと、その周辺のバーデン、ブラチスラバのトラムの撮影です。
19日の朝に福岡を出発し、同日の夜にウィーンに到着しました。この日はホテルにチェックインして寝ただけだったので、撮影記は20日からです。

Praterstern.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4797+C4 1336@Praterstern
ウィーン中央駅近くのホテルから地下鉄に乗ってPraterstern停留所まで行くと、いきなりデュワグカーが止まっていました!!

この車両はウィーンの路面電車を運営するWiener Linienが保有するE1というタイプです。1966年から1976年にかけて338両が作られました。メーカーは西ドイツのトラム制作会社として有名なデュワグ社ではなく、LohnerとSGP Viennaという会社です。デュワグ車のライセンスを取得して作られ、見た目もほぼデュワグ社の車両と相違はないので、デュワグカーと言っていいと思います。

超低床車が入る前までは長年主力車両だったので、ウィーンのトラムといえばこの車両を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
しかし、街角を当たり前のように走っていたこの車両も、超低床車の導入によって101両にまで減ってしまいました。2017年までに完全引退するアナウンスがされているので、近い将来保存用の車両を除いてウィーンでは見られなくなってしまいます。
今回の旅行の主目的はこれの撮影です。まぁ要するに葬式鉄です。

B1_729.jpg
2015/09/20 Wiener Linien B1 729@Innstraße~Rebhanngasse
5系統と2系統を乗り継いで撮影地までやってきました。狭い道を走る区間が多いので、日の当たる撮影地を見つけるのが大変でした。

この車両はB1というタイプの超低床車です。Ultra Low Floor(超低床)の頭文字を取って、ウルフと呼ばれています。90年代から導入が進められていて、ショートバージョンのAタイプと合わせて300編成以上が在籍しています。これだけ導入されればデュワグカーの活躍もかなり狭めらているのは当然の事で、ウィーンのどこに行ってもウルフが主力車両として活躍しています。

E1_4748+C4_1302.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4748+C4 1302@Innstraße~Rebhanngasse
E1がやってきました!!
順光で撮れて素晴らしいです。道路の影を見ていただくと撮影地選びにどれだけ苦労したかがわかるかと思います。

E1の後ろに連結されている車両はC4というトレーラー車です。系統によってトレーラー車を付ける路線とつけない路線が決まっています。このような編成は札幌市電のような例外を除いて日本では見られなかったので、興味深いですね。

西側諸国のドイツ語圏で当たり前のように見られたこの光景も、譲渡先を除けばウィーンが最後の砦となってしまいました。

E2_4041+C5_1441.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E2 4041+C5 1441@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
2系統に乗って終点のFriedrich Engels Platzまでやってきました。ウィーンのトラムはすべて片運転台の車両なので、2系統と33系統はここでぐるっとループ線を回って折り返します。

この車両はE2というタイプで、1978年から1990年にかけて122編成が作られました。事故廃車などの特別な事例を除いて廃車はでていませんが、こちらも2025年までに超低床車に置き換えられる予定です。

この車両もデュワグ社のライセンスにより製造された車両で、日本ではよくマンハイム形と紹介されているデュワグカーの最終形態です。
E1と比べると窓が拡大されているのが特徴で、近年方向幕がLED化されました。トレーラー車もC5という専用の車両が用意され、セットで運用されています。

B1_718.jpg
2015/09/20 Wiener Linien B1 718@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
旧型車の写真ばかりを上げていますが、実際はウルフが殆どです。特にこの日は日曜日だったので極力旧型車の運用を少なくしているようでした。

A_2.jpg
2015/09/20 Wiener Linien A 2@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
33系統はウルフのショートバージョンのAタイプが使われています。Bと比べると2車体分短いですね。

E1_4798+C4_1325.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4798+C4 1325@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
お待ちかねのE1です。この日の2系統は2編成が運用されていました。

E1_4769.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4769@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
33系統のE1はトレーラーを外して運用されています。廃車間近だからなのか、塗装がくたびれていますね。

E1_4748+C4_1302-2.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4748+C4 1302@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
先ほどのストレートでも撮影した4798号もきました。

E2_4055+C5_1455.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E2 4055+C5 1455@Friedrich Engels Platz~Höchstädtplatz
2両目のE2がきました。2系統、33系統の車両は1サイクルしたようなので、別の系統へ移動します。

E1_4797+C4_1336.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4797+C4 1336@Wallensteinplatz~Friedensbrücke
5系統は朝見かけた4797号しかE1が動いていないようでした。1枚撮ってさっさと移動します。

B_673.jpg
2015/09/20 Wiener Linien B 673@Carminweg~Fultonstraße
25系統と26系統が走る路線に移動しました。どちらの系統もE1が走る系統です。

E1_4794+C4_1304.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E1 4794+C4 1304@Carminweg~Fultonstraße
25系統でE1がやってきました。2系統ともE1が走る路線なのでそれなりの本数のE1が撮影できると思っていましたが、この4794号しか見かけませんでした。あまりの運用数の少なさにびっくりしました。

E2_4322+C5_1494.jpg
2015/09/20 Wiener Linien E2 4322+C5 1494@Margaretengürtel~Gumpendorfer Straße
さらに場所を移動して6系統と18系統が走る路線に来ました。18系統はE2が走る路線で、2編成運用しているのを確認しました。

B1_741.jpg
2015/09/20 Wiener Linien B1 741@Margaretengürtel~Gumpendorfer Straße
6系統はE1が走る系統なのですが、まさかの運用ゼロでした・・・

E1が運用に入る8つの系統を一日かけて回ったのですが、確認できたのは全部で5編成だけでした。
土日祝日は極力旧型車の運用を少なくしているようです。日曜日に撮影に来たのは間違いでした。

この日はこれで終了です。二日目に続きます。

中欧の3都市のトラムを巡る旅一日目 ウィーン
中欧の3都市のトラムを巡る旅二日目その1 ブラチスラバ
中欧の3都市のトラムを巡る旅二日目その2 ブラチスラバ
中欧の3都市のトラムを巡る旅二日目その3 ブラチスラバ
中欧の3都市のトラムを巡る旅三日目その1 バーデン
中欧の3都市のトラムを巡る旅三日目その2 ウィーン
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/537-a7c91080

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター