FC2ブログ

オーストラリアのトラムを巡る旅 二日目その2

SW5_808-3.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW5.808@Joss House~Tysons Reef

14m超の車体はボギー車としてはかなり長い車両です





2016/12/31 Bendigo Tramways SW5.808@Tram Depot
車庫見学を終え外にでると、808号が発車を待っていたので動画を撮ってみました。
スマートフォンで撮った雑な動画ですが、良ければご覧下さい。

SW6_880-3.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Tram Depot
せっかくチケットを買ったのに一回も乗らないのは勿体ないので、880号に乗り込みます。

SW6_880-9.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Tram Depot
車内はこんな感じです。中央部の座席が撤去され、ソファーになっています。
出発すると録音された放送が流れ、ベンディゴトラムウェイの歴史や車窓に見えてくる観光スポットの紹介などが流れます。

湖の近くの停留所で降りて、とある廃ガス工場にやってきました。
ここにはレストア待ちの車両が保管されているということで実際に中を除いてみると・・・







gas1.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways W2.442@gas works
・・・いました。元メルボルンのWクラスの前期形、W2.442号です。
1927年に製造され、1983年に営業運転から退役した後、レストラントラムに改造され活躍していましたが、2006年に後期形のWクラスがレストラントラムに改造された後余剰となり、保管されていました。
その後ベンディゴトラムウェイが引き取りレストア待ちとなっています。

金網越しの画像で申し訳ないですが、運転台が狭いのが初期のWクラスの特徴です。

gas2.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways@gas works
工場を見渡すと奥にもレストア待ち車両が見えました。
ベンディゴ市内を走っていたボギー車と二軸単車かと思われます。

SW6_880-4.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Charing Cross~Gold Mine
さて、撮影に戻ります。
Charing Crossの広場を進む880号です。天気が良くて素晴らしいです。

SW5_808-2.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW5.808@Tram Depot~Charing Cross
ベンディゴのメイン通りを進む808号です。
この辺りは歴史的な建造物が多く絵になるのですが、巨大な街路樹が何本も葉を広げているので、なかなか上手いこと写せません。

SW6_880-5.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Lake Weeroona~Charing Cross
Depot近くを進む880号です。
ドアに注目して頂きたいのですが、上下合わせて3枚窓になっています。
これが本来のWクラスのドアで、今City Circleなどで走っている二枚窓のドアは、交換されたものになります。
パンタグラフに換装されているものの、原型時代の面影を残す貴重な車両なわけですね。

SW5_808-3.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW5.808@Joss House~Tysons Reef
808号はポールを維持しているものの、ドアは交換されています。

SW6_880-6.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Tysons Reef~Joss House
日も落ちてきていい感じの光線になってきましたが、残念ながらこの列車の折り返しで本日の営業は終了です。

SW6_880-7.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Joss House~Tysons Reef
最終便は終点近くで広角で撮影しました。
この辺りは閑静な住宅街ですが、道幅が広く街路樹がいっぱい埋まっているので緑豊かです。

SW6_880-8.jpg
2016/12/31 Bendigo Tramways SW6.880@Joss House~Tysons Reef
広角でもう一発。これにてベンディゴトラムの撮影を終了しました。

また気動車に揺られてメルボルンへ帰るわけですが、トラムの車窓から気になるものが見えたので帰りに寄り道しました。



SW6_937.jpg
2016/12/31 SW6.937@Joss House
なんだこれは
いや、どうみてもWクラスの廃車体です。本当にありがとうございました。
ベンディゴトラムウェイとはなんの関係も無い農園に放置されていました。

番号から車歴をたどってみると、1948年製のSW6.937号です。
1992年にレストラントラムに改造されて活躍を続けていましたが、使用車両数の削減に伴い2012年ごろから休車になっていたようです。
その後消息が分かっていませんでしたが、こんなところに放置されているとは・・・
元々レストアする予定でいたのを断念して近くの農場に廃車体だけ置いているのかもしれません。
事前情報が無かったのでこれはびっくりしました。

三日目に続きます。

オーストラリアのトラムを巡る旅 一日目その1
オーストラリアのトラムを巡る旅 一日目その2
オーストラリアのトラムを巡る旅 二日目その1
オーストラリアのトラムを巡る旅 二日目その2
オーストラリアのトラムを巡る旅 三日目その1
オーストラリアのトラムを巡る旅 三日目その2
オーストラリアのトラムを巡る旅 四日目その1
オーストラリアのトラムを巡る旅 四日目その2
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/597-77dd383d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター