FC2ブログ

GWウクライナ遠征 二日目その3

kharkov725_726.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 725+726@11-та поліклініка~Регiональний центр послуг

正教会と共に




kharkov4010-1.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 4010@Салтівська
車両と乗務員が集まって何かやっています。何かあったのでしょうか?

kharkov4010-2.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 4010@Салтівська
あらら、パンタグラフが破損しています。これでは自走できません。

kharkov4010-3.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 4010@Салтівська
後ろにいた別のT3に押してもらい、ループにある留置線に押し込まれれていきます。

kharkov4010-4.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 4010@Салтівська
幸いループが近くにあったので、本線の支障は短時間で済みました。

kharkov4010-5.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 4010@Салтівська
Nゲージみたいな壊れ方してますね。でもデポにいる職人の手によってすぐ直すのでしょう。

kharkov4010-6.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 4010@Салтівська
しばらくここに放置されるみたいです。
事故が多いとは聞いていましたが、まさか目の前で事故処理を見れるとは思いませんでした。

kharkov9.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 676+677、T3 311@Салтівська
サルティフスカのループにやってきました。ここは23、27、16、16A系統の起点です。
電停部分は3線に分岐していて、次々にやってくるトラムをさばいています。どの線がどの系統という区別はないみたいで、空いている線にどんどん入れていくみたいです。

kharkov676_677.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 676+677@Салтівська
23系統の676+677号です。塗装はひび割れ方向幕は上からシールが貼られ、かなり状態が悪いです。

kharkov6.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 676+677、T3SUCS 625、T3SU 595+596@Салтівська
タイミングが合えばこのようにタトラだらけに。塗装も形態もバラバラで面白いですね。

kharkov675_687.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 675+687@Салтівська
垂れ下がった連結器が哀愁漂わせています。

kharkov681_682-2.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 681+682@Салтівська
先ほども遭遇した681+682号。
広告車ですが、前面窓上に飾り帯が残る貴重な個体です。

kharkov7.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 681+682、T3SU 654+670、T6B5SU 4541@Салтівська
23系統と16A系統のT3SUが並びました。通常16A系統は1両で運行されるので、2連のT3SU同士が並ぶことはあり得ません。

kharkov4541-2.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T6B5SU 4541@Салтівська
4541号はもはや方向幕の機械ごと撤去されています。

kharkov4523.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T6AB5 4523@Салтівська
プラハからのT6A5は2017年から譲渡が始まり、現在10両が活躍しています。
T3SUCSの出物が無くなった今、今後はT6A5の譲渡が続くでしょう。

kharkov8.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 693+694、T3SUCS 3007@Салтівська
生え抜きT3SUと譲渡T3SUCSが並ぶと差が歴然です。

kharkov055.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 MTV-82 055@11-та поліклініка~Регiональний центр послуг
撮影地を移動していると見慣れぬトラムが近づいてきました!急いで撮影するとこれは動態保存車両じゃないですか!!

MTV-82というこの車両は1946年から1961年にかけてラトビアの首都「リガ」で作られた車両で、タトラT3が投入される前の主力車両として、ソ連の各都市で使用されました。T3投入後は一部の車両が事業用車両として改造され、今でも現役です。午前中に撮影した事業用トラムもMTV-82を改造したものになります。
この055号も貨物用に改造されましたが、比較的原型を保っていたことが幸いして、動態保存車両として整備されました。

朝から偶然の出会いが多過ぎて感動です。軌道の沿線にいれば必ず変な車両がやってきます。

kharkov725_726.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 725+726@11-та поліклініка~Регiональний центр послуг
ハリコフにはいくつものロシア正教会があります。ここヴォロディミール教会は目の前をトラムが走っています。
車と被らないかヒヤヒヤでしたが、なんとかタトラと正教会の組合せを撮影することができました。

kharkov575_516.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 575+516@Регiональний центр послуг
右折してくるのは26系統のT3SUです。

kharkov395.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3M 395@Регiональний центр послуг
T3Mの395号が来ました。T3Mといえば電機子チョッパ制御に改造されたT3のことですが、プラハから流れてて来た車両がハリコフでも活躍しています。
屋根後方の弁当箱がT3Mの証です。

kharkov3059.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3A 3059@Регiональний центр послуг
元リガのT3Aがきました。3系統ではリガ塗装のまま活躍していましたが、1両単行だとオリジナルカラーに塗装されています。

kharkov565.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 565+?@11-та поліклініка~Регiональний центр послуг
後ろのT3SUですが、車番が書いていないので車号が判別できません。広告解除かなんかの塗装だと思いますが、車両番号ぐらいは書いといて欲しいです・・・。

kharkov3101.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 71-619KT 3101@Регiональний центр послуг~531-й мікрорайон
アングルを変えました。また見慣れぬ車両がやってきました。71-619KTというこの車両はロシアのウスチカタフという場所で1999年以降に製造された車両です。高床式のボギー車両で、ロシアでよくみられる形式です。ハリコフでは10両が活躍しています。

kharkov641_642.jpg
2018/05/04 ハリコフ市電 T3SU 641+642@Регiональний центр послуг~531-й мікрорайон
16:30過ぎでもまだまだ明るいのですが、体力の限界を迎えたので、この日はこれで終了しました。

3日目に続きます。

GWウクライナ遠征 一日目その1
GWウクライナ遠征 一日目その2
GWウクライナ遠征 二日目その1
GWウクライナ遠征 二日目その2
GWウクライナ遠征 二日目その3
GWウクライナ遠征 三日目その1
GWウクライナ遠征 三日目その2(終)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/662-c5e17fbd

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター