FC2ブログ

GW欧州遠征二日目その2 ブリュッセルトラム開業150周年

brussels1259-2.jpg
2019/05/01 STIB 1259@Royale

言葉を失う風景




brussels46-3.jpg
2019/05/01 STIB 46@Petit Sablon
トラムの送り込みが終わり、展示会の会場となるレジェンス通りへ向かいます。
公式なのか有志による参加なのか分かりませんが、レトロな衣装を着たコスプレオバチャンがいました。これがヘリテイジトラムの雰囲気にピッタリで素晴らしかったです。日本でも流行って欲しいですね。

brussels289-2.jpg
2019/05/01 STIB 289@Petit Sablon
272号に繋がっていた無蓋貨車の中を覗いてみます。資材が置いてありました。

brussels7019_2
2019/05/01 STIB 7019@Petit Sablon
なんと展示車両の車内、しかも事業用車に乗車することができました!!
PCC7000シリーズ改造の7019号の車内です。何に使う砂なんでしょう?

brussels2-4.jpg
2019/05/01 STIB 2@Petit Sablon
続いて5000シリーズ改造の2号の車内です。

brussels7093-2.jpg
2019/05/01 STIB 7093@Petit Sablon
1970年代仕様のPCC7000シリーズの車内に入ってみます。

brussels7093-3.jpg
2019/05/01 STIB 7093@Petit Sablon
車内はこんな感じです。50年代後半の製造ということでかなり近代的ですね。

brussels7093-4.jpg

2019/05/01 STIB 7093@Petit Sablon
ツーマン仕様なので車掌台が残っています。
もちろん機器類も生きているので、子供が勝手にスイッチを押してドアが閉まってしまうハプニングを見かけました。自分も押してみたかった・・・。

brussels1002-2.jpg
2019/05/01 STIB 1002@Royale
続いてスタンダードタイプの1002号に乗車してみます。

brussels102-2.jpg
2019/05/01 STIB 102@Royale
1002号に繋がっている102号トレーラー車の車内です。

brussels102-3.jpg
2019/05/01 STIB 102@Royale
非対称のドア配置の車内はこんな感じでした。

brusselsbus.jpg
2019/05/01 STIB@Royale
脇道を見てみるとさりげなく動態保存のバスが置いてありました。古いバスも丸っこいデザインで良いですね。門外漢なので形式などは全く分かりません。

brussels1259-2.jpg
2019/05/01 STIB 1259@Royale
車止め用の石にのっかって、通りを望遠で撮影してみました。素晴らしい眺めですね。
画面左奥まで連なる動態保存車、それに群がる一般市民達・・・。日本では絶対に真似できない光景です。
1両ずつ車内を見て回りたいところですが、時間が全然足りないので泣く泣く後にします。

brussels509.jpg
2019/05/01 STIB 509@Parc~Palais
パレードに向けてロケハンしていると、馬車がやってきました。

brussels509-3.jpg
2019/05/01 STIB 509@Parc~Palais
エジプトで散々みましたが、軌道を走る馬車は始めてみました。

brussels46-4.jpg
2019/05/01 STIB 46@Botanique
14:00からは歴代車両のパレードが始まります。
撮影地を移動し、メイン会場から少し離れた交差点でスタンバイしていると、46号がやってきました。

brussels509-2.jpg
2019/05/01 STIB 509@Botanique
遠くの方から馬車がトコトコと走ってきました。パレードの準備の為に車両が送り込まれてきます。

brussels2-3.jpg
2019/05/01 STIB 2@Botanique
お馬さんがいっぱい・・・。

brussels830.jpg
2019/05/01 STIB 830@Botanique
お馬さんゾーンを抜けると二軸単車がわらわらと・・・

んんん?????

830号は先ほどのトラム展示会にはいなかったはずですが・・・
どうやらパレードの為に出庫してきたみたいです。まだみぬ保存車両がいたとは・・・・
一体どんだけ保存車両を持っているんですか・・・

brussels346.jpg
2019/05/01 STIB 346@Botanique
346号も984号も初見ですね・・・

brussels1385-2.jpg
2019/05/01 STIB 1750、1305+671@Botanique
なんか並走してきてるんですけど

この辺りで思考力が追い付かなくなりました。

brussels1750.jpg
2019/05/01 STIB 1750@Botanique
向かって右側の線路はトラム展示会に参加した車両。左側はトラムパレードの為に後から出庫してきた車両ということでした。
なるほどなるほど。

なるほど?????

brussels1750-2.jpg
2019/05/01 STIB 1750、428@Botanique
何が起こっているのか分からないまま撮影を続けていました。

brussels509-4.jpg
2019/05/01 STIB 509@Botanique
馬車はすぐに折り返していきました。電車はこの先にあるループ線を通って46号が停まっている場所の後ろに並んでいきました。

brussels1259-3.jpg
2019/05/01 STIB 1259+2118、1763@Botanique
その間にも次々と車両が送り込まれていきます。







一通り送り込みが終わったところで振り向いてみると・・・

parade1.jpg
2019/05/01 STIB 46@Botanique
!!!!!!!!!!!!!
歴代のトラムが並んでいます!!!!!!


一両でも素晴らしい存在なのにそれが永遠と続いて・・・・・・

長年トラム鉄をやってきましが、これより凄い光景にはこの先出会えないじゃないでしょうか。


動態保存の車両が、営業線上を、パレードしているんですよ!!!


brussels46-5.jpg

2019/05/01 STIB 46@Botanique
面縦しても凄いインパクトです。どこまで続いているのかわかりません。

parade2.jpg
2019/05/01 STIB 46@Botanique
事業用車もループ線に進み、いよいよパレードが出発します!!

parade3.jpg
2019/05/01 STIB 346@Botanique
初期二軸単車シリーズは障害物が多くて駄目でした。嗚呼ぁ・・・。

parade5.jpg
2019/05/01 STIB 428@Botanique
428号を先頭に二軸単車が並びます。前面窓下のパイプのような柱は、ベスチビュールの無い時代の名残です。346号と似たような顔で登場しました。
右奥に見える古い車も展示車両(保線用?)らしいです。

parade6.jpg
2019/05/01 STIB 1348@Botanique
ブリュッセルといえばやはりクリーム色のトラムですね。

parade7.jpg
2019/05/01 STIB 1259@Botanique
1930年代に入りシンプルなデザインになっていきます。

parade8.jpg
2019/05/01 STIB 1763@Botanique
戦時仕様の1763号です。前照灯カバーの様子がよくわかります。

parade9.jpg
2019/05/01 STIB 1002@Botanique
ゆっくりと進んでいくのでシャッターチャンスもたくさんありました。

parade10.jpg
2019/05/01 STIB 7047@Botanique
戦後はPCCカーの時代に入っていきます。PCC顔がズラリと並び素晴らしいです。

parade11.jpg
2019/05/01 STIB 9098@Botanique
二軸単車の台車流用の9000シリーズ。小柄で丸っこい車体が可愛らしいですね。

parade12.jpg
2019/05/01 STIB 7500@Botanique
連接PCCの7500シリーズです。

parade13.jpg
2019/05/01 STIB 4042@Botanique
二軸単車の台車を2台使って作った4000シリーズです。同じPCC顔でも微妙な差異があって面白いですね。

parade14.jpg
2019/05/01 STIB 7171@Botanique
末期仕様のPCC7000シリーズです。正直微妙な顔つきだと思いますが、今となっては貴重な存在です。

parade15.jpg
2019/05/01 STIB 7786@Botanique
ようやく現役車両が来ました。連接PCCカー2種類が並びます。

parade16.jpg
2019/05/01 STIB 2001@Botanique
超低床車が並び現役車両は終了しました。

parade17.jpg
2019/05/01 STIB 95@Botanique
怪しさ満点の事業用車ゾーンがやってきました。1両だけでも珍しいのに何両も続いてるとは・・・・夢を見ているようです。

parade18.jpg
2019/05/01 STIB 7@Botanique
赤黄のゼブラトリオがきました。二軸単車スタンダードタイプの事業用化改造シリーズです。

欧州ではこの年代の二軸単車は小回りが効いて使いやすいのか、事業用車両として複数の車両が生き延びていることが多いですね。その後ミュージアムに入れられる際に旅客時代に復元したりするパターンがよくあります。

ブリュッセルの場合、旅客仕様も事業用車仕様も”どちらも”保存するわけですが。

parade19.jpg
2019/05/01 STIB 7019@Botanique
PCC改造の7019号です。

parade20.jpg
2019/05/01 STIB 1+104+101+2@Botanique
しんがりを務めたのは工事車両の編成でした。堂々と日中走行する姿は迫力満点です。

brussels1376.jpg

2019/05/01 STIB 1376@Botanique
トラムパレードが終わり、旧型車両を使った営業運転が始まりましたが、飛行機の時間が迫っていたのでここで撤収しました。
去り際に1枚だけ撮影しましたが、このスタンダードタイプは初見ですね・・・・
だから一体何両保存車両を持って(ry

brussels.jpg
2019/05/01 STIB@Botanique
最後にレストランに入り、ヘリテイジトラムを見ながら飲む至福のひと時を過ごしました。

ここまでご一緒したKUMOKO様お疲れ様でした。


遠征はまだ続きます。

GW欧州遠征一日目その1 アントワープのPCCと旧型車
GW欧州遠征一日目その2 アントワープのPCCと旧型車
GW欧州遠征一日目その3 ロワイヤル広場での展示
GW欧州遠征二日目その1 ブリュッセルトラム開業150周年
GW欧州遠征二日目その2 ブリュッセルトラム開業150周年
GW欧州遠征三日目 ハレのタトラカー
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://641000.blog36.fc2.com/tb.php/717-2507b33c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

尻手人

Author:尻手人
千葉県に住む社会人
ロクヨンセンを追い求めてどこまでも

電車と飛行機の写真撮ってます。活動場所は相鉄線と厚木基地がメインです。海外鉄も始めました。

よろしくお願いします。

尻手人@twitter

月別アーカイブ

FC2カウンター